FC2ブログ

久元神戸市長「関西経済の落ち込みを関西一丸で食い止め」 コメント発表

20180822久元神戸市長会見

 神戸市の久元喜造市長(写真=資料)は13日、国土交通省が関西国際空港の本格復旧まで神戸空港を代替空港の1つとして使用することを決めたのを受け、文書でコメントを発表した。久元氏は「台風21号による関西経済の落ち込みを関西が一丸となって食い止める必要がある」と指摘。関西国際空港の本格復旧まで、神戸市としても「国際拠点空港機能の代替のための緊急措置として、全面的に協力していきたい」と述べた。

 神戸空港はビジネスジェットなどの海外からの航空機を受け入れたことはあるが、現在は定期便の国際線が就航していない。国際線の受け入れには税関、出入国管理、検疫の施設を旅客向けに整備することなどが必要になる。ターミナルビルで国際線と国内線の動線を分離することなども求められる。

▽関連記事
神戸空港、台風21号による空港機能への影響なし 関西エアポート (2018/09/04)

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報