FC2ブログ

ポートタワーが神戸の街を駆け抜ける? 社会実験の連節バス、デザイン決まる

20180911連節バスデザイン

 ポートタワーが神戸を駆け抜ける--。神戸市は10日、市街地の回遊性を高める公共交通機関を検討する一環で、10月に社会実験として運転する「連節バス」のデザインを発表した。バスの側面いっぱいにポートタワーを描いた(図=神戸市提供)。バスは都心・三宮とポートタワーやメリケンパークなどの港湾地域を結ぶ計画。目を引くデザインであるうえ、行き先もよく分かる。

 デザインしたのは広告・デザインのMAQ(マック、大阪市中央区)が神戸に開設したMAQ LAB KOBEの小野良太氏。公募で集まった18作品の中から最優秀賞を得た。縦横に伸びる印象的なラインで、ネットワークの広がりと神戸の未来を予感させるデザインに仕上げたという。変更できないバス前面のオレンジ色を活用するデザインとしたことも、評価のポイントになったという。

 このほか神戸市は次点の作品も発表。(1)赤い車体に白い「サシ」を入れた神戸ビーフのデザイン(2)三宮再開発のロゴマークである8色のストライプを車体に巻きつけたデザイン(3)神戸タータンでラッピングしたデザイン--の3作品が選ばれた。

 バスは10月の土日祝で合計10日間の運転を予定する。運行ルートやダイヤなどは現在調整中だ。同ルートには連節バスの他に、通常のバスも1台投入する計画という。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報