FC2ブログ

神戸空港に臨時「ベイ・シャトル」で輸送 関空閉鎖で滞留の乗客

20180905ベイシャトル

 関西3空港を運営する関西エアポートは5日午前6時ごろから、滑走路の冠水などで関西国際空港が閉鎖された影響で、同空港に滞留した利用客について、神戸空港に向けて海上輸送を始めた。OMこうべ(神戸市中央区)が運営する高速船「神戸-関空ベイ・シャトル」を10〜15分間隔で運航。取り残された約3000人の利用客が神戸に移動できるようにした。

 ベイ・シャトルは関西エアポートがチャーター。乗船料は無料とした。1隻あたりの定員は110人だ。神戸側からは、一般の乗客を乗せずに運航。ただ関空内のコンビニエンスストアに向けた商品の補充に加え、職員や報道陣などの交代要員といった関係者を関空に向けて運んだもよう。

 関西エアポートは5日午前8時以降、空港に滞留した利用客向けに、不通になっていた連絡橋を使ったバスの運転を再開したと発表した。滑走路は現時点で復旧のメドが立っておらず、5日中には同空港での離着陸を再開できない見通しを発表している。(写真は関西国際空港に停泊する神戸-関空ベイ・シャトル」の高速船=資料)

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報