FC2ブログ

神明、たつの市の製麺会社を取得 増田製粉所などから、「揖保乃糸」製造

20180903神明ビル

 コメ卸国内最大手の神明は、たつの市の製麺会社「カネス製麺」の株式50.1%を取得したと発表した。カネス製麺は、手延べそうめん「揖保乃糸」の商標を持つ兵庫県手延素麺協同組合(たつの市)の組合員として、そうめんやひやむぎを製造するほか、機械製の乾麺も製造する。取得額は非公表。日本食の普及や、食品産業の活性化を共同で進めるのがねらいとしている。(写真は神戸市中央区の神明本社=3日午後)

 一方、日東富士製粉は子会社である増田製粉所(神戸市兵庫区)と兼三(同)が、カネス製麺株を神明に売却したと発表した。売却額は非公表だが、売却株式数は増田製粉所と兼三の合計で50万株。両社が保有していた株式の全株で、カネス製麺株のちょうど50%になるとしている。日東富士製粉によると、増田製粉所と兼三は8月24日に神明と株式の譲渡契約を結び、8月31日に株式を受け渡した。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報