川重、ジェットスキーに6年ぶりスタンドアップ型 力強いエンジン

 川崎重工業は5日、1人乗りで立って操縦するスタンドアップ型の水上バイク「ジェットスキーSX-R」(写真=川重の発表資料より)を2017年3月16日に発売すると発表した。川重がスタンドアップ型のジェットスキーを販売するのは、2011年に生産を終了したジェットスキー800SX-R以来6年ぶりという。加速力が優れ、トップスピードも前モデルを上回る力強いエンジンを搭載した。
20161205川重スタンドアップ型ジェットスキー
 川重では唯一のスタンドアップ型になる。複数人数でシートに座って乗るランナバウト型に比べ小回りが利くなど、より機敏に乗り回すことができる。レースでのノウハウを生かした新設計の艇体では、船底が水面を確実に捉えて俊敏な方向転換ができるようにした。船体の塗装も黒、白、ライムグリーンと同社のチームカラーを採用した。

 ハンドルの下部に収納スペースがあり、ロープや発煙筒などを装備できる。盗難防止を目的にキーを操作してエンジンをかけるイグニションスイッチを搭載した。船体の重量は250キログラム。メーカー希望小売価格は132万6240円(税込み)だ。国内では販売会社のカワサキモータースジャパンがジェットスキー事業部で取り扱う。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報