FC2ブログ

ノエビアHDが大幅安 通期予想を据え置き、失望感で年初来安値

神戸株アイコン

 2日の東京株式市場ではノエビアホールディングス(4928)が大幅安。終値は前日比610円(8.30%)安の6740円だった。一時は6510円まで下落と3月20日に付けた7030円を下回り、およそ3カ月ぶりに年初来安値を更新した。前日に発表した2017年10月〜18年6月期の連結決算は、前年同期比9%増の91億円と好調だった。ただ18年9月期通期の会社予想を据え置いたことで、失望感から売りが膨らんだもようだ。

 18年9月期の営業利益は会社予想が前期比7%増の108億円。6月までの9カ月館で通期予想に対する進捗率が86%に達していた。それでも通期予想を維持したことで、期末にかけての大きな損失が発生することなどへの警戒感が高まったという。ただノエビアHDは6月18日の高値(8350円)以降、上値の重い展開が続いていた。足元の好業績を手掛かりとした買いが入りにくい需給の悪さに着目し、見切り売りが相次いだ面もあったようだ。

▽関連記事
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報