川重、ロボットアーム付の無人潜水機で実証試験 英スコットランドで

20180705川重AUV

 川崎重工業は5日、海底パイプライン検査に使うロボットアームが付いた無人潜水機(イメージ図=川重提供)の実証試験を10月に実施すると発表した。川重は、高度な潜水艦の技術を生かし、今後需要が増加するとみられるパイプラインのメンテナンスに使う機材の開発を進めている。ロボットアーム付で自動航行して検査する実験は世界初になり、同機を試験することで英スコットランドのハイランド地方フォートウイリアムにある海上試験場と合意した。

 川重が開発を進めているのは自律型無人潜水機(AUV)と呼ばれる。自ら状況を判断して航行する。海底パイプラインを自動的に認識して追跡し、パイプを土砂が覆っていても見失わず、至近距離から検査する。収集したデータの転送や充電を海中で済ませ、海中での作業時間も長く取れるようにする。2020年の実用化をめざす。

 同社は昨年11月に今回と同じ会場試験場で、AUV試作機と充電ステーションの自動ドッキングや非接触充電、AUVとの大容量光通信の実証実験に成功していた。今回は新たにロボットアームを装備し、自動で海底パイプラインを認識、追跡させる計画だ。AUVが潮流の影響を受けて揺れても、ロボットアームで至近距離からの検査が続けられる技術を実証する。

 川重と海上試験場は、水中機器の技術開発で将来も協業することで合意しているという。川重は、北海油田などがあり海洋技術が進んでいるスコットランドの政府とも関係を強化し、AUVなどの水中機器の開発を進めるとしている。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報