FC2ブログ

(動画)部屋ごとに表情変えるスヌーピーと仲間たち ピーナッツホテルを公開


 8月1日に全面開業する予定の「PEANUTS HOTEL(ピーナッツホテル)」の内部が4日、報道関係者向けに公開された。全18室すべてコミック版「PEANUTS」の一部を元にした内装で、それぞれの部屋にスヌーピーや仲間たちのさまざまな表情を描いた。世代や国境を超えて愛されるキャラクターたちと一緒に、暖かい気持ちで過ごせる部屋をめざした。

 PEANUTS HOTELは6階建て。最上階の6階にある61号室は最も広く、唯一のテラス付き客室だ。犬小屋に降り立った鳥たちが寝てしまい、スヌーピーが「お客さんが心地よく思ってくれるうちを持てるって素敵だね」とつぶやくコミックがモチーフ。モノトーンの内装だ。テラスの植物は、そら植物園(川西市)の西畠清順代表がプロデュースしたという。ツインタイプで1泊5万5000円(税別、朝食付き)を予定する。

 このほかPEANUTSが元になった著名なフレーズ「Happiness is a warm puppy(幸せとは暖かな子犬)」をモチーフにし他のは64号室(同4万2000円)。壁面に加え、椅子、暖炉などもすべてピンクで統一した。スヌーピーがサーファーになる52号室(同3万2000円)や、タイプライターからスヌーピーが書いた小説が伸びてくるような演出がある41号室(同3万8000円)など、ピーナッツに詳しいと、より楽しさが増すデザインになっている。

 一般の宿泊は8月1日から。7月20日午後1時から公式サイトで予約受付を開始する。予約時にクレジットカードでの決済が必要だ。宿泊料金は部屋によって異なるが1室あたり3万円から。ホテルを運営するポトマック(神戸市中央区)は当初、9日からの予約受付を計画していた。だが、予想以上に反響が大きく、システム増強に時間をかけたという。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報