マゼンタ色のコンテナ船が神戸初入港 「ONE COMMITMENT」

20180626コンテナ船ONE COMMITMENT

 日本郵船、商船三井、川崎汽船の海運大手3社がコンテナ事業を統合して4月に営業を開始したオーシャン・ネットワーク・エクスプレス(ONE)のコンテナ専用船「ONE COMMITMENT(ワン・コミットメント)」が25日、神戸港に入港した(写真=神戸港振興協会提供)。ONEの企業カラーであるマゼンタに塗装したコンテナ船が神戸港に入港するのは初めて。25日夕方には神戸市関係者が同船を訪問し、歓迎セレモニーを開催した。

 ONEコミットメントは全長約303メートル、総トン数8万7022トン。積載できるコンテナは8500個(20フィートコンテナ換算)だ。2013年6月に商船三井の「MOL COMMITMENT」として完成したが、コンテナ事業統合を受けて塗装を改めたのを機に船名も変更した。北米航路に就航しており、カナダのバンクーバーを出発した後、東京港に次いで神戸港に寄港。26日未明に台湾・高雄港に向けて出航した。

 歓迎セレモニーではコンテナふ頭を管理する阪神国際港湾(神戸市中央区)の外園賢治社長があいさつし、神戸市みなと総局の田中誠夫部長やマリンメイトの吉村桃香さんが船長、機関長に記念品や花束などを手渡した。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報