上下に動く腕で段ボールの箱詰めも 川重ロボット「duAro2」発売

20180606川重duAro2

 川崎重工業は6月から、上下方向に腕を大きく動かせる双腕型ロボット「duAro2」(写真=川重の発表資料より)を発売すると発表した。作業の教え方も簡単で実用性が高く、工場などで人間と共存しながら作業ができる「duAro」シリーズ。片腕で3キログラム(従来型は2キログラム)まで持ち上げられる「力持ち」になり、任せられる作業の範囲が広がった。

 従来は上下に15センチメートルしか動かせなかった腕は、最大で55センチメートル動かせるようになった。さらに両腕で6キログラムと従来に比べて2キログラム重い物まで持ち上げられることから、これまで難しかった段ボールへの箱詰め作業や、段差のある2地点間で製品を移動させることなどもできるようになった。

 オプションでアーム本体とコントローラーを離して設置できるようにした。自由に配置できることで、ロボットを導入できる場所も増えるとみられる。一方で、衝突検知機能や、腕の部分をクッションで覆うなど、人と同じ場所で作業をするうえで必要になる安全対策は従来型から引き継いだ。メーカー希望小売価格は、税別で340万円。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報