FC2ブログ

三宮・新神戸と六甲・摩耶ケーブル下に急行バス 今夏に社会実験

20180531摩耶ケーブル

 神戸市は31日、六甲ケーブル下(神戸市灘区)、摩耶ケーブル下(同)の各駅と神戸市中央区の都心三宮・新神戸を急行バスで結ぶ社会実験を今夏に実施する。六甲山や摩耶山の観光活性化を目的に、公共交通機関でのアクセスを改善するのがねらい。急行バスは7月1日〜11月30日に毎日運行。往復の乗車券と山上での乗り放題をセットにした「六甲・摩耶1dayチケット」も7月から販売する。(写真は摩耶ケーブル=資料)

 三宮駅のバスターミナルを出発し、地下鉄三宮駅と新神戸駅の付近に停まった後は、摩耶ケーブル下、六甲ケーブル下に直行する。7〜11月の運転期間中、7月20日〜8月31日は1日6往復運転。それ以外の期間は平日の月〜木に5往復、金・土・日・祝日に6往復を運転する計画だ。料金は210円。現在は認可を申請中という。

 「六甲・摩耶1dayチケット」は大人1500円、小児750円。JR三ノ宮駅そばにある神戸市総合インフォーメーションセンターや、新神戸観光案内所などで販売する。今回運転する急行バスのほか、六甲ケーブル下や摩耶ケーブル下に向かう神戸市バスも利用できる。六甲山上バスと六甲摩耶スカイシャトルバスは、有効区間内で乗り降りが自由になる。通常料金に比べ、かなり割安になる設定だ。

 六甲山の観光活性化については神戸市と兵庫県が、「六甲山再生委員会」を設置して共同で検討を始めた。神戸市の久元喜造市長は31日の定例記者会見で、「六甲山の活性化は非常に大きな課題」との見方を改めて示した。そのうえで「できるだけ短期間で具体的な活性化策を作り上げなくてはならないのですが、そういうものができるまで何もしないのではなく、やれることからやっていこうということ」と説明した。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報