大林組、住友ゴムの制振ダンパーを熊本城に採用 耐震改修で

 大林組は、同社が請け負った熊本城天守閣の耐震改修工事で、住友ゴム工業の制振ダンパーを採用したと発表した。3枚の鋼板の間に板状のゴムをはさんだ構造で、地震のゆれを吸収する。大林組は、住友ゴムの製品がコンパクトながら十分な制振性能を持つ点を評価した。筋交い(すじかい)のように壁1面を使わずに、耐震性能を高められる。

20180529住友ゴム熊本城制振ダンパー

 住友ゴムの制震ダンパーは、地震エネルギーを瞬時に熱に変換することで揺れを吸収。自動車レース用のタイヤ開発で得た先進技術を投入した「高減衰ゴム」を使用しているという。同じゴムを使った制振ダンパーは東本願寺(京都市下京区)にも使われ、住宅用の制振ダンパーユニットは熊本城が大きな被害を受けた2016年の熊本地震でも効果を発揮した。

 大天守の最上階である6階で、柱の最上部と梁(はり)を連結して取り付ける(イメージ図=大林組の発表資料より)。大林組は今回の工事で、住友ゴム製の制振ダンパー12基を使用する予定という。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報