神戸市、アーティストらの活動拠点新設を補助 地下鉄海岸線の沿線で

 神戸市は、地下鉄海岸線の沿線で新たに開設するアーティストやクリエーターの活動拠点について、開設費用を補助する。スタジオやアトリエ、工房、ギャラリーといった拠点を開設する際に、土地・建物の購入や改装などにかかる費用の半額を、100万円を上限に神戸市が負担する。地下鉄海岸線の沿線や市街地西部地域に新たなイメージの定着させ、交流人口の増加をねらう。

 対象地域は兵庫区と長田区の国道2号線以南など(図=神戸市の発表資料より)。地域内にある既存の活動拠点の改装は対象とせず、新設でも倉庫などの保管場所や単なる住居も対象外。7月末まで補助の希望者を募集し、8月中に非公開の選考会を開催し。事業効果や計画性・持続可能性などを評価する。その後、選定結果を通知・公表する予定だ。

20180502対象地域

 補助を希望する場合は神戸市企画調整局調整課に、申請書に加えて事業計画書や予算書、工事費等の見積り明細書、写真や図面といった必要書類を提出する。書類は調整課の担当者への手渡しか、郵送で受け付ける。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報