FC2ブログ

谷上プロジェクト、2674万円を集める クラウドファンディング型ふるさと納税

20180502谷上ドットミー

 神戸市は2日、起業家育成をなどめざす民間事業「谷上プロジェクト」(運営主体・谷上プロジェクト実行委員会=神戸市北区)が同市の新制度「クラウドファンディング(CF、ネットを通じた寄付)型ふるさと納税」を活用して2674万円を集めたと発表した。資金調達の目標だった1500万円を大幅に上回った。調達した資金は、同事業に参加する企業や起業家らの共有スペース(コラボレーションスペース)「.me」(ドットミー、イメージ図=神戸市の発表資料より)の開設に使う。

 CF型ふるさと納税は、IT(情報技術)を活用して地域や社会の課題解決をめざす新事業創出の取り組みを対象に、事業者らが実施するCFへの寄付を神戸市がふるさと納税と認定する制度。多くの企業や団体などがCFの活用を試みて競争が激しい中、寄付者に税制メリットを訴えることで資金を集めやすくする。今年2月に始まった制度で、谷上プロジェクトは第1弾だ。

 谷上プロジェクトのCFは3月1日〜5月1日の62日間に実施。当初目標とした1500万円を4月1日に達成した。集まった2674万円のうち、CFの運営会社が手数料を17%受け取り、残りが谷上プロジェクトの手元資金になる。予定を上回る金額を調達できた分、「.me」の開設に投入する自己資金を減らせる計算だ。

 「.me」は谷上プロジェクトとしても最初の活動。神戸電鉄と北神急行電鉄の谷上駅に直結する同スペースを核に、起業家のコミュニティづくりや、プロジェクトの支援などに引き続き取り組む計画だ。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報