シャルレ株が小動き 前期一転の最終増益に上方修正も

神戸株アイコン

 27日の東京株式市場ではシャルレ(9885)が小動き。終値は前日比変わらずの540円だった。朝方こそ買いが先行して、一時は544円まで上昇したが、その後は買いが続かなかった。同社は前日大引け後に2018年3月期の業績予想を修正。単独税引き利益は前の期比4%増の2億8600万円と、従来予想の8000万円から大幅に上方修正し、一転の増益見込みになった。ただ、売上高は下方修正したことで、製品の需要に対する不透明感から来期の業績に対する警戒感つながったようだ。

 シャルレは18年3月期の売上高が3%減の175億円、営業利益が18%減の5億3900万円になったようだと発表した。従来予想は184億円、3億4000万円だった。新製品として投入した「ウエルネス」分野の商品や、季節商品として販売した婦人向けアウターなど、大型商品が低調だったという。一方、商品の配送費用は膨らんだが、全社的なコスト削減で従来予想を上回る利益を確保したとしている。

▽関連コンテンツ
メールマガジン「今日の株式相場」

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告(ぜひクリックを)

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告(ぜひクリックを)

天気予報