神戸製鋼、検査データ改ざんで確認済みが3件増加

 神戸製鋼所は26日、検査データ改ざん問題の外部調査委員会による調査で発覚した不正163件のうち、同日までに158件で安全性の検証を終えたと発表した。前回発表した3月30日時点(155件)から3件の確認が進んだ。

 昨年10月に公表していた525件の不正については、3月6日時点で安全を確認が済んだ520件から、目新しい進捗はなかった。

▽関連記事
神戸製鋼、新たな検査データ改ざんでも安全確認が進む (2018/03/23)
神戸製鋼、グループ6社・部門などで新たに163件のデータ不正 外部調査委の報告書 (2018/03/06)
神戸製鋼、不正製品の出荷先510社で安全性確認 全体の97%に (2018/01/19)
「神戸製鋼」を含む記事一覧

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告(ぜひクリックを)

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告(ぜひクリックを)

天気予報