「Taste of KOBE」初開催、「078」で市バス臨時運行 GW主なイベント(表)

 今週末28日に始まる春の大型連休(ゴールデンウイーク、GW)には、今年も神戸市内では多くのイベントが開催される。地域の神社で開催する例大祭を中心とした「だんじりパレード」など伝統行事に加え、今年は初めて「Taste of KOBE 2018」を開催。4月28日〜5月6日まで9日間とGW通じて開催する大型のイベントになった。神戸開港150年の昨年にも肩を並べるにぎわいになりそうだ。

20180425GW主なイベント

 Taste of KOBE 2018はポートタワーの足元、中突堤の特設会場で開催。飲食店が出店して世界のグルメが楽しめるほか、神戸を中心とした近畿地方で活躍するソロのシンガーソングライターや、ロックバンドなどのステージも予定している。メリケンパークとハーバーランド一帯は、5月3〜5日のKOBEメリケンフェスタや、6日のハーバーマーケットなどと合わせて散歩をしながら広い範囲で、飲食、物販、ステージが楽しめるエリアになりそうだ。

 2回目を迎えるクロスメディアイベント「078」は4月27〜29日と、初回の昨年よりも1日多い3日間。メリケンパークとハーバーランドも会場に加えて大規模に開催する。期間中の28・29日にはJR三ノ宮駅周辺と各会場を結ぶ神戸市バスを臨時運行。27日夜の「ヨルバル」は南京町生誕150年記念行事の一環として、中華が楽しめる飲食ブースも充実する。大型連休に勢いを付ける。

 今年の大型連休は土日を含めて前半4月28〜30日に3連休、後半5月3〜6日に4連休となる。遠出するにしても前半か後半か、どちらかを選ぶ人が多そうだ。都心三宮や住宅地で開かれる「近場のイベント」には、意外に多くの人が集まるかもしれない。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告(ぜひクリックを)

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告(ぜひクリックを)

天気予報