地下街メトロこうべに「はなまるうどん」が出店 平日は朝7時半から営業

20180419はなまるうどん高速神戸

 神戸高速鉄道は19日、高速神戸駅(神戸市中央区)と新開地駅(同兵庫区)を結ぶ地下街「メトロこうべ」に、讃岐うどんチェーンの「はなまるうどん」(店舗イメージ=神戸高速鉄道の発表資料より)が出店すると発表した。23日にオープン。平日は午前7時半から、土日祝は午前10時から、いずれも午後9時まで営業する。通勤客らが朝食に利用することもでき、乗客の利便性向上につながりそうだ。

 メトロこうべの開業50周年になる9月1日に向けて、神戸高速鉄道は同地下街の改装や新店誘致を続けてきた。今回のはなまるうどん出店も、その一環という。メトロこうべでは昨年、間口が約40メートルと長いファミリーマートを開店したほか、高速神戸駅近くの神戸タウン・東ゲートを明るく改装した。16年にはトリックアート作品を地下街の壁面に描いた。

 神戸高速鉄道は駅施設に続き、メトロこうべでもバリアフリー化を進めることを明らかにしている。さらに美装化や店舗の配置見直しなどで、快適度や魅力を高めたい考えだ。

▽関連記事
(解説)50周年迎えた「神戸高速鉄道」とは 日本初の上下分離方式? (2018/04/19)
メトロこうべに屋内ゴルフ練習場 最新の弾道測定器など設置・28日開業 (2017/04/21)

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告(ぜひクリックを)

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告(ぜひクリックを)

天気予報