MORESCO社長COOに両角取締役が昇格 赤田社長は会長CEOに

 MORESCOは12日、同日に開いた取締役会で両角元寿取締役専務執行役員(55)が社長に昇格する人事を決めたと発表した。社長執行役員、COO(最高執行責任者)も兼務する。赤田民生社長(71)は会長CEO(最高経営責任者)に就き、代表権は維持する。意思決定をスピードアップし、経営環境の変化に素早く対応するのがねらい。

 5月30日に開催する定時株主総会を機に、社長を交代する。株主総会では新たに1人の取締役就任を決議する予定だ。同社は12日の取締役会で組織変更も決めた。生産本部、管理本部、研究開発本部を廃止し、室部署や支店、工場などをそれぞれCEOやCOO、CFO、CTOの管轄として割り振る。

 両角 元寿(もろずみ・もとひさ) 1962年生まれ。87年4月に積水フーラー入社。99年3月にMORESCO入社。2008年5月に執行役員、11年5月取締役執行役員、14年5月取締役常務執行役員、17年5月取締役専務執行役員(現職)。静岡県出身。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告(ぜひクリックを)

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告(ぜひクリックを)

天気予報