スタジオアタオの今期、純利益16%増に 増収効果も無配は継続へ

20180411スタジオアタオ決算グラフ

 バッグや財布などを企画・販売するスタジオアタオは11日、2019年2月期の連結純利益が前期比16%増の4億1500万円になりそうだと発表した。店舗とネット通販の販売がともに伸び、増収効果で利益も伸びる。減損損失などの計上も前期で一巡するもよう。一方で、今期も無配を継続する計画とした。

 売上高は12%増の38億円、営業利益は9%増の6億円になる見通しだ。インターネットをきっかけとして顧客を店舗に誘導する「O to O」を強化するという。来店客数の増加による増収を見込んでいるようだ。流行に左右されず、定番商品の人気を高める商品作りを継続するとしている。

 同時に発表した18年3月期の連結決算は、純利益が前の期比18%増の3億5900万円だった。同社が日本国内で展開する伊ブランド「ロベルタ・ディ・カメリーノ」で減損損失などが発生したことに加え、IANNE(イアンヌ)銀座店の移転費用も合わせて5198万円を特別損失として計上したが、増収効果で吸収した。売上高は20%増の34億円、営業利益は29%増の5億5200万円だった。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告(ぜひクリックを)

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告(ぜひクリックを)

天気予報