神戸空港、3空港一体運営に向けセレモニー 神戸市長、交通網の強化を強調

20180409神戸空港3空港セレモニー

 神戸空港では9日午前、運営会社の関西エアポート神戸が「3空港一体運営に向けた記念セレモニー」を開催した。同社と、関西国際空港と大阪国際(伊丹)空港を運営する関西エアポートで社長の山谷佳之氏は、3空港の運営権を関西エアポートで取得したが「真の一体運営は、これから時間をかけて作り上げていくもの」とあいさつした。

 神戸市の久元喜造市長は、同空港を開設する自治体として「神戸空港と三宮や新神戸を結ぶ交通ネットワークの強化に取り組まなければならない」と述べた。ポートライナーを2両増結して8両で運転することや、神戸空港と新神戸駅を結びつける道路の新設などに改めて意欲を見せた。

 セレモニーでは山谷氏らがあいさつした後、参列者らがテープカットした(写真)。山谷氏と関西エアポートと関西エアポート神戸のエマヌエル・ノムント氏、久元氏に加え、井戸敏三・兵庫県知事、家次恒・神戸商工会議所会頭らが加わった。

▽関連記事
(解説)ビジネス需要を取り込めるか 規制撤廃「後」の神戸空港の姿は? (2018/04/01)
神戸空港、民営化で記念式典 空港会社社長「3空港一体のシステム完成させたい」(2018/04/01)
井戸兵庫知事、関西3空港懇談会「2018年度早々に立ち上がってほしい」 (2018/03/26)
神戸市と関西エアポート神戸、神戸空港の運営権売却で実施契約 (2017/09/27)

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告(ぜひクリックを)

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告(ぜひクリックを)

天気予報