名誉館長にコシノヒロコさん 神戸ファッション美術館、最新作など展示へ

20180403コシノヒロコさん 

 神戸市は3日、神戸ファッション美術館(神戸市東灘区)の名誉館長に世界的なファッションデザイナーのコシノヒロコさん(写真=神戸市の発表資料より)が1日付で就任したと発表した。任期は5年。コシノさんから美術館に対して助言を得るほか、コシノさんが制作した衣服の最新作や美術作品なども展示も検討している。

 コシノさんは1937年生まれで、1982〜93年には仏パリ・コレクションに参加。世界的な評価を得た。現在は芦屋市と東京都を拠点に活動している。コシノさんは神戸市を通じて「兵庫県民として、そしてファッションという文化を担う一員として、微力ながらもお役に立ちたい」とのコメントを発表した。

 神戸ファッション美術館は公立では初めてのファッションをテーマにした美術館として1997年に開館。ファッション関係の本や雑誌を集めた図書室や、円形ホール(オルビスホール)を備える。2016年度の入館者数は25万1500人だった。現在は休館中で、14日に常設展「数字で見る神戸ファッション美術館」を新設して開館する予定だ。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告(ぜひクリックを)

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告(ぜひクリックを)

天気予報