FC2ブログ

神戸製鋼、総額1500億円の協調融資枠を設定 主幹事に大手3行

 神戸製鋼所は30日、総額1500億円の協調融資枠(シンジケーション方式のコミットメントライン)を設定したと発表した。2023年3月末までの間、銀行団は神戸製鋼の要請に応じて最大1500億円までの運転資金や事業資金の融資に応じる契約だ。

 今後の事業展開によって発生する資金需要に対して、機動的に資金調達できる体制を整えるのがねらい。財務基盤を一段と安定させるのも狙いとしている。主幹事は、みずほ銀行(事務)、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行の大手3行が務める。

▽関連記事
「神戸製鋼」を含む記事一覧

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報