神鋼環境とIHI、ゴミ焼却場の建設事業など統合で基本合意 19年1月めざす

20180327神鋼環境ソリューション本社

 神鋼環境ソリューションは27日、IHI子会社が手がけるゴミ焼却場など廃棄物処理施設の関連事業を統合することで基本合意したと発表した。IHIの子会社であるIHI環境エンジニアリングの同事業を、神鋼環境が引き受ける。9月にも最終合意し、2019年1月1日付での統合をめざす。統合によって人口減少による国内での市場縮小などに対応する。

 神鋼環境とIHI環境は2017年3月に同事業で「包括的業務提携」を結んでおり、営業活動などに共同で取り組んでいた。今回、組織を一体化することで、一段と両者で組むことの相乗効果を高めたい考えだ。販売先の共通化や、営業や技術などノウハウの共有で収益に拡大につながるとみている。

 IHI環境の同事業を引き受ける対価として、神鋼環境は金銭を支払う予定。引き受ける事業範囲の詳細や、対価になる金額などは最終合意までに詰める。(写真は神戸市灘区の神鋼環境本社)

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告(ぜひクリックを)

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告(ぜひクリックを)

天気予報