トリドール、イタリア・ミラノに日本食レストラン ラーメン店も今期中に

 トリドールはイタリア・ミラノに日本食レストラン「TOKYO TABLE」とラーメン店の「Bottega del Ramen」を2017年3月期末までに開店する。現地に運営会社を設立したと9日に発表した。欧州で日本食ブームが広がる中、イタリア経済と食の中心地であるミラノでも高まる日本食の需要に対応する。20年までにTOKYO TABLEは5店舗、Bottega del Ramenは10店舗をイタリア国内で展開する計画だ。

 TOKYO TABLEは米国で既に2店舗目の開店を12月に予定する。日本食が特別な日の食事であるイタリアで、日常的に利用しやすい価格で提供。メニューにはカリフォルニアロールなど西洋風の味付けを取り入れたスシや天ぷら、焼き鳥などを揃える。Bottega del Ramenは今回初めて展開する新業態で、健康志向を意識して野菜を彩りよく配置するなど、新たな欧州向けラーメンを開発する。

 2015年のミラノ万博では日本館に10時間の待ち時間が発生するなど、欧州で日本食の人気は急速に高まっている。トリドールは欧州進出で、日本食が日常的に楽しめる食文化として欧州全体への普及を目指す。欧州1号店の場所には、食に関する情報の発信地の1つであるミラノがふさわしいと判断したようだ。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報