川西倉庫、今期2億9300万円の特別損失 事業用の建物を減損処理

 川西倉庫は19日、2018年3月期の連結決算に2億9300万円の特別損失を計上する見通しになったと発表した。大阪市港区に保有する事業用の「建物等」について、減損処理を実施するため。足元の事業環境からみて、固定資産の回収可能性を検討した。

 今期の業績予想については「他の業績変動要素についても算定中」として、現時点での修正を見送った。川西倉庫は今期の連結純利益が前年同期比78%増の6億6900万円になる見通しを、2月13日の17年4〜12月期決算発表時に据え置いていた。

▽関連記事
バンドーの4〜12月期、純利益4%増 川西倉は創業100周年で記念配 (2018/02/13)

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告(ぜひクリックを)

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告(ぜひクリックを)

天気予報