みなと銀、4行向け振込手数料を108円に統一 個人のネット取引で

20180316みなと銀本店

 みなと銀行は16日、個人インターネット取引による関西アーバン銀行、近畿大阪銀行(大阪市中央区)、りそな銀行、埼玉りそな銀行への振込手数料の割引サービスを始めると発表した。現在は3万円未満の振り込みで216円、3万円以上で432円だが、一律108円にする。割引サービスは4月16日から実施する。(写真は、みなと銀行本店=資料)

 みなと銀は4月1日付で、みなと銀と同じ三井住友銀行の子会社である関西アーバン銀に加え、りそなホールディングス傘下の近畿大阪銀と共同持ち株会社「関西みらいホールディングス」を設立して経営統合。りそなホールディングスの傘下に入る。これに伴って、グループ内に相当する4行向けの振込手数料を、みなと銀の本店や支店向けと同じ水準に引き下げた形だ。

▽関連記事
みなと銀など、ATM手数料を相互に無料化 来年1月15日から (2017/11/19)
関西3地銀の統合比率発表、みなと銀は2.37 持ち株会社「関西みらいFG」 (2017/09/26)

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報