神戸天然物化の4〜12月期、税引き益7億1700万円 初値は3665円

 15日の東証マザーズに新規上場した神戸天然物化学が同日に発表した2017年4〜12月期の単独決算は、税引き利益が7億1700万円だった。同社が4〜12月期決算を公表するのは初めてで、前年同期の数値は明らかにしていない。18年3月期税引き利益の会社予想(前期比48%増の7億1400万円)を上回った。

 化学や医薬品メーカーで研究開発の一部を外部委託する流れから、神戸天然物化への需要は堅調という。こうした傾向が今後も続くと見ているようだ。売上高は46億4100万円、営業利益は10億7100万円だった。

 午前10時46分に付けた神戸天然物化の初値は3665円と、公募・売り出し(公開)価格の2340円を57%上回った。一時は4210円まで上昇した。

▽関連記事
神戸天然物化学の公開価格、仮条件上限の2340円 追加売り出し株数も上限 (2018/03/07)
神戸天然物化学の仮条件は2140~2340円 3月15日に新規上場 (2018/02/28)
神戸天然物化学が東証マザーズに新規上場へ 27日に仮条件決定 (2018/02/19)

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報