新神戸駅で手荷物の一時預かりを開始 駅レンタカー営業所で20日から

20180308国土交通省手ぶら観光ロゴ

 JR西日本とJR西日本レンタカー&リース、神戸観光局は20日から、山陽新幹線の新神戸駅で手荷物一時預かりサービスを始めると発表した。新神戸駅の1階にある「駅レンタカー」営業所で手荷物を預かる。特に訪日外国人観光客など、神戸を訪れた観光客が大きな荷物を持ち歩いて観光スポットをめぐる不便などを解消するのがねらい。

 国土交通省が認定する「手ぶら観光」共通ロゴマーク(図=国土交通省のホームページより)をすでに取得した。手荷物預かりの運営は、駅レンタカーを手掛けるJR西日本レンタカー&リースが担当する。営業時間は午前8時から午後8時まで。料金は手荷物1個につき700円(税込み)を予定する。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告(ぜひクリックを)

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告(ぜひクリックを)

天気予報