FC2ブログ

神戸コレクション、11月に中国・天津で開催へ 神戸の物産も販売

20180307神戸コレクション

 ファッションショーイベント「神戸コレクション」(写真=神戸市の発表資料より)を11月に中国の天津市で開催することが7日、明らかになった。神戸コレクションを天津市で開催するのは初めて。三越伊勢丹ホールディングス傘下の天津伊勢丹が主催し、同社が招待する約1000人がステージを観覧する。あわせて天津伊勢丹の店舗では、神戸の産品を紹介する物産展も開催する計画だ。物産展に参加する企業の募集に向けた説明会の開催を、7日に神戸市が発表した。

 「神戸コレクション in 天津(仮称)」には通常の神戸コレクションを主催する毎日放送(大阪市北区)も協力。日程は11月3日、4日、10日、11日のうち、いずれか1日で今後詰める。会場は天津市内に特設会場を設営することで調整中という。日中のアパレルブランドによるファッションショーの中で、神戸の企業が合同で「神戸ステージ」を展開する計画もある。

 神戸の物産展は11月1〜11日の11日間を予定する。催事場のほか各階の特設会場で、約30ブースを設営。1日あたり約2万5000人の来場者を見込む。神戸コレクションや物産展への参加企業は、三越伊勢丹が運営するアリババの越境EC(ネット通販)サイト「天猫国際(T - mall)」でも商品を販売。中国の小売り市場では最大の商戦期である「独身の日」(11月11日)に合わせた行事で、天津市との友好都市として今年で45周年を迎えた「神戸」をテーマに消費者の関心を集める計画だ。

 物産展の参加に向けた説明会は19日午後2時から神戸市中央区の貸し会議室「三宮研修センター」で開催する。参加する場合は、神戸市がホームページに掲載した「説明会申込書」に必要事項を記入し、16日正午までに神戸市経済観光局の担当部署まで申し込む必要がある。

 東京の伊勢丹新宿本店では昨年1月、神戸開港150年を記念した販売企画やイベントなどを相次いで開催し、にぎわった。

▽関連記事
東京で神戸別品博覧会、トークショーにぎわう ファミリア岡崎社長ら登場 (2017/01/28)
伊勢丹新宿本店で神戸の美味を紹介 「ISETAN神戸特集」24日まで (2017/01/18)

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報