FC2ブログ

UCC、コーヒー抽出かすを再利用 肥料→野菜→再び店頭に

20180222珈琲館けやきウォーク前橋店

 UCC上島珈琲(神戸市中央区)はコーヒー抽出かすの一部を肥料として再利用し、栽培した野菜を再び顧客に提供する「食品リサイクルループ」を構築したと発表した。食品リサイクル法に基づく食品の再生利用事業計画(食品リサイクルループ)の認定制度を活用し、2017年11月20日付で農水相と環境相の認定を受けた。国内のコーヒー製造業界では初めてという。

 小型PETボトルのコーヒーで主力の群馬工場(群馬県伊勢崎市)が排出するコーヒー抽出かすを再利用。群馬県内の肥料製造会社に持ち込み、コーヒー抽出かすを材料にした肥料を作る。この肥料で群馬県内の農家が野菜を栽培し、収穫した野菜を群馬県内の系列飲食店でサンドイッチなどに使用する。

 野菜を提供するのは「珈琲館」の、けやきウォーク前橋店(写真=UCC上島珈琲の発表資料より)、高崎小鳥町店、伊勢崎西店の3店舗だ。ミックスサンドモーニングや珈琲館ハウスホットサンドにキュウリ、珈琲館厚切りカツサンドにキャベツなどを利用する予定としている。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報