ケンコーマヨ、売上高3%増に下方修正 昨秋の天候不順など影響

20180212ケンコーマヨ決算グラフ

 ケンコーマヨネーズは9日、2018年3月期の連結売上高が前期比3%増の727億円になりそうだと発表した。従来予想の750億円から下方修正した。17年の夏から秋にかけて雨天が長引くなど天候不順を受けて、サラダの卸売先である小売店などで客数が減少した影響などで、販売が当初の想定を下回る見通しになった。

 一方で営業利益は2%増の40億円、純利益は微増の28億円になる見通しを据え置いた。販売数量は減少したが販売価格の維持に注力したことなどで、利益は従来予想の水準を確保できる見込みとしている。期末配当を19円(年37円配)にする予定も維持した。

 同時に発表した17年4〜12月期の連結決算は、純利益が前年同期比5%減の23億円だった。馬鈴薯など野菜類の価格が大幅に上昇した影響を受けた。営業利益は3%減の34億円だった。一方、売上高は前期比3%増の558億円と伸びた。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報