フジッコ、「ふじっ子煮」シリーズなど実質値上げ 北海道産昆布の価格上昇

20180212フジッコ純とろ

 フジッコは9日、「ふじっ子煮」シリーズや「純とろ」(写真=フジッコの発表資料リンクより)シリーズなどを実質的に値上げすると発表した。3月1日から標準小売価格を据え置いたまま、内容量を減らす。製品に使用している北海道産コンブの収穫量が減っており、仕入れ価格が大幅に上昇したため。内部のコスト削減で吸収できる範囲を超えたと判断した。

 「ふじっ子煮さんしょ昆布カップ」の標準小売価格は227円(税別)で、従来は87グラム入りだったが、今後は85グラムにする。「純とろお徳用」(同284円)は、従来の44グラムが39グラムになる。「海藻料理」シリーズや「だし昆布」シリーズなども含め、合計37品種で内容量を減らし、実質値上げする。このほか「海藻料理こんぶ巻8本」では内容量35グラムを維持して標準小売価格(税別)を341円から350円に引き上げる。

 同社にとっては採算改善につながる見込みだが、現時点で2018年3月期の収益への影響などは示してない。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース Twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報