阪急バス・京阪バスが「有馬温泉〜京都」路線を新設 8往復

20180123阪急バス

 阪急阪神ホールディングス傘下の阪急バスと、京阪ホールディングス傘下の京阪バスは2月25日から、神戸市北区の有馬温泉と京都駅八条口を結ぶ高速バスの路線を新設すると発表した。日本三古泉や日本三名泉などに数えられる有馬温泉と、国際観光都市の京都を直接結び、観光客の利便性を高める。(写真は阪急バス=同社の発表資料より)

 有馬と京都の間を75分で結び、途中の停留所は名神高槻(大阪府高槻市)の1カ所。1日8往復を運転し、阪急バスと京阪バスがそれぞれ4往復を担当する。トイレ付きの4列シート車を投入する計画だ。料金は大人・片道で有馬温泉〜京都間が1800円。小人は半額、往復割引はなし。

 新設する8往復のうち、京都発9時5分の始発便に乗れば10時20分に有馬温泉に着く。有馬温泉発の最終便が出る18時まで7時間40分。ゆっくりと昼食を摂り、日帰り温泉を楽しんだうえで、京都に戻って夜の祇園に繰り出すこともできる。気軽に有馬温泉に立ち寄る海外からの観光客も増えそうだ。

▽関連記事
有馬温泉で入初式 「2020年に向け有馬温泉を世界に売り出したい」(2018/01/02)

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報