増田粉、2月1日付で東証2部上場を廃止 日東富士の完全子会社に

20180115増田製粉所

 東京証券取引所は15日、東証2部に上場する増田製粉所(写真)の株式を2月1日付で上場廃止にすると発表した。東証は15日付で増田粉株を整理銘柄に指定し、東証での最終売買日は1月31日になる。増田粉が同日開催した取締役会で、同社株の92.29%を握る日東富士による「株主売渡請求」に応じると決議したのを受けて、東証は増田粉の上場廃止を決めた。

 東証1部に上場する日東富士製粉の完全子会社になる。日東富士は昨年11月13日から12月25日まで増田粉に対するTOB(株式公開買付)を実施。日東富士は12月29日付で増田粉の約92%を取得していた。発行済み株式の90%以上を保有する株主は特別支配株主とされ、制度上、他の全株主に対し株式全部を直接売り渡すよう求める「株式売渡請求」ができる。

▽関連記事
増田粉、日東富士によるTOBが成立 上場廃止へ (2017/12/27)
増田粉、日東富士が完全子会社化で上場廃止へ 4805円でTOB (2017/11/11)


関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報