井戸兵庫知事、初代県庁舎復元「協議会作り地元と相談している」 ラジオ番組で

 井戸敏三兵庫県知事は9日朝に出演したラジオ番組で、2018年に展開する県政150周年記念事業について触れ「いろんな事業があるが、まず初代県庁を復元したい」と改めて設置当時の県庁舎復元に意欲を見せた。場所については「大規模スーパーの南側に確保するめどがついた」と神戸市兵庫区の候補地について説明。そのうえで「地元の皆さんも入っていただいた協議会を作って、こんな形で整備するという方向性を相談しています」と明らかにした。

 4日の仕事始めの日、井戸氏は幹部職員を前に「県民のニーズ(需要)や希望の実現の道筋に沿っているか考えてほしい」と訓示した。これについて聞かれると、「従来の延長線だけで、行政サービスを県民ニーズにあまり関わりなく考えていないか、そのことを考えていこうじゃないかと呼びかけた」と説明した。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報