カルナバイオ、「CDC7キナーゼ阻害薬」関連特許が日本で成立

 カルナバイオサイエンスは5日、同社がカナダのシエラ・オンコロジー(ブリティッシュコロンビア州)に知的財産権の使用権を供与している医薬品候補の化合物「CDC7キナーゼ阻害薬」の特許が日本で成立したと発表した。同特許は2016年に出願。同化合物について2013年に出願し、既に日本で成立していた特許の関連特許という。

 既存の抗がん剤では増殖している細胞すべてを標的とし、がん細胞以外の増殖する正常細胞にも影響する「毒性」が懸念されていた。だがCDC7キナーゼ阻害薬は、がん細胞だけを標的にする抗がん剤になることが期待されている。

 カルナバイオはCDC7キナーゼ阻害薬について昨年1月にメキシコで、9月にオーストラリアでそれぞれ特許登録したと発表していた。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報