アシックス、米国で初の旗艦店をオープン NY5番街

 アシックスは米国で初の旗艦店(写真=アシックスの発表資料より)を、世界有数のショッピング街である米ニューヨーク5番街にオープンした。米国では初めて、主にランニングやテニスの競技用やトレーニング用に使う「アシックス」と、普段にも使える「アシックスタイガー」の2ブランドを同一店舗で取り扱う。卸売り先の大手スポーツ用品店が不振で、16年12月期に多額の貸倒引当金を計上した米国事業を自ら立て直す構えだ。

20180101アシックスNY5番街

 同社は欧米でのランニングブームを追い風に、業績を拡大させてきた。現在では売上高の8割近くを海外で稼ぎ出し、米国は「稼ぎ頭」に当たる。卸売りは継続するが、直営店や自社で運営する通販サイトを強化することで、販売戦略が卸売り先に左右されにくくなるとみられる。開店は昨年12月14日。出店前には4月から12月まで期間限定で「オニツカタイガー」を出店するなども含め、入念に準備したようだ。

 店内は植物の配置したほか、木製の展示棚などあたたかみのある内装。照明にはLEDを採用し、高機能な商品と調和のある空間を作った。8月に英ロンドン、10月に東京・原宿と相次いでオープンした旗艦店と同様に、創業哲学の「健全な身体に健全な精神あれかし」を店舗づくりで表現した。

 住所は「579 Fifth Ave. New York, NY 10017」。広さは698平方メートルだ。営業時間は午前11時から午後9時までで、不定休。

▽関連記事
アシックス、ロンドン中心街に世界最大店舗 リージェント・ストリート (2017/08/04)
アシックス、米NYにオニツカタイガー店舗 12月まで期間限定 (2017/04/15)

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報