JR発足30周年記念「神戸牛おむすびセット」 近畿の駅ナカ80店鋪で販売

20171219JR30年神戸牛おむすび

 JR西日本の傘下で駅構内の店舗開発などを手がけるジェイアール西日本デイリーサービスネットとセブン-イレブン・ジャパンは、国鉄が民営化したJR発足30周年の記念商品「神戸牛おむすびセット(牛焼肉&牛しぐれ)」(写真=発表資料より)を27日に数量限定で発売する。近畿地方の駅ナカにあるセブン-イレブンなど80店舗で販売する。

 具材に「神戸牛」を採用した。神戸牛の焼肉を具材に、焼肉と相性が良いゴマ油と金ゴマを混ぜ合わせたご飯でにぎった1個に加え、神戸牛の牛しぐれを神戸牛のダシで炊いたご飯でにぎったもう1個の2個セット。霜降りはきめ細かく、溶けるような脂のうまみが特徴だ。

 価格は税込み850円。近畿2府4県(大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、滋賀県、和歌山県)でJR西日本の駅にある「セブン-イレブンハートイン」「セブン-イレブンキヨスク」「アントレマルシェ」のセブン-イレブンコーナーなどで販売。主要駅などを中心に取扱店舗を選んだ。

 JR西日本デイリーサービスネットなどは8月にもJR30周年の記念商品「神戸牛ビフカツサンド」を京阪神7駅のセブン-イレブンなどで販売した。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報