クリーンルームの床に落ちたホコリを簡単に検出 バンドー

  バンドー化学は、クリーンルームの床に落ちたチリやホコリを可視化する異物検査ツール「BANDO DEC-20」を開発したと発表した。2018年1月に発売する。製造現場でパソコンに接続する(写真=バンドーの発表資料より)だけで、皮膚や繊維などの目で確認が難しい20マイクロメートルレベルの異物を確認できるようになる。

20171213バンドーDEC-20

 電子機器の小型化などを背景に、電子部品を高密度で組み立てる製造現場のクリーンルーム化が進んでいる。現在のクリーンルームは浮遊しているホコリなどを計測して、空気の清浄度を制御。床に積もったホコリは軽視されてきたが、作業者の動きによって舞い上がり、製品不良の要因になっていた。

 バンドーは画像ソフトなどを併用することで、床に落ちたチリやホコリを簡単に検出。異物の数量と位置情報を定量化した。高さ172ミリメートル、幅260ミリメートル、奥行き132ミリメートルとコンパクトに設計。重さも950グラムに納めた。100ボルトの通常電源で使用する。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報