井戸兵庫知事、初代県庁復元「ぜひ実施したい」 費用に言及せず、ラジオ番組で

 兵庫県の井戸敏三知事は12日午前にラジオ関西の番組に出演し、初代兵庫県庁を復元する計画に触れ、「(兵庫県政)150年の記念事業の1つとしてぜひ実施したい」と改めて述べた。150年前に設置した初代の兵庫県庁舎は、江戸幕府の出先機関だった大坂町奉行所兵庫勤番所の建物を流用したとされる。これを井戸氏が、神戸税関の前身である兵庫運上所と誤り、別の出演者に指摘される一幕もあった。

 復元のための費用には言及しなかった。このほか井戸氏は兵庫県政150周年の事前イベントがすでに始まっていることなどを指摘。地域行事などを兵庫県政150周年と連携させることで少額の補助金を付ける県民連携行事などの募集を実施したことにも触れ、「来年の本番を迎える『機運盛り上げ』がスタートした」と評価した。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報