みなと銀、定期預金で神戸の味 「別品博覧会」での食事券などプレゼント

 みなと銀行は1年物のスーパー定期預金100万円以上を預け入れた預金者に、抽選で地元の洋菓子などをプレゼントするキャンペーン「みなと『別品(べっぴん)』の味プレゼントキャンペーン」を始めた。定期預金は継続でもキャンペーンの対象。「Aコース」「Bコース」合計で2000人に地元の味を提供し、定期預金の獲得と同時に地元経済の活性化をねらう。2017年1月末まで実施する。

 Aコースは200人が当選予定。三宮センター街(神戸市中央区)の商業ビルで開催中の「神戸別品博覧会」会場内に設けたカフェ「別品堂」での食事券2人分を贈る。ビーフシチューがメーンの「神戸別品セット」が味わえる。Bコースは1800人が当選する予定。モロゾフで人気の木の葉型クッキー「ファヤージュ」36枚入りと、ユーハイムのバウムクーヘン「リーベスバウム」21個入りのうち、いずれか好みの商品が当たる。抽選権は100万円ごとに1口。仮に200万円を預金すれば2口を申し込めることになる。

 みなと銀は、現在放送中のNHKドラマ「べっぴんさん」を紹介するパネル展を10月に開催したほか、投資信託の購入者にドラマのモデルになった女性が創業したファミリア(神戸市中央区)の商品をプレゼントするキャンペーンも展開中。ドラマをきっかけとして神戸市や兵庫県に関心が高まったのを機に、みなと銀の認知度向上などにもつなげる考えとみられる。
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報