アシックス、侍ジャパンの稲葉監督とアドバイザリースタッフ契約

20171207稲葉篤紀氏

 アシックスは7日、野球日本代表「侍ジャパン」トップチームの監督を務める稲葉篤紀氏(写真=アシックスの発表資料より)とアドバイザリースタッフ契約を結んだと発表した。同社は既に野球の日本代表チームを運営するNPBエンタープライズ(東京都港区)と契約しており、「侍ジャパン」にユニフォームなどを提供している。今後は稲葉氏の意見も取り込みながら、アシックスの技術を投入したユニフォームや用具などを提供する。

 契約は2017年11月から。稲葉氏はウエアやシューズなどでアシックス製品を使用するほか、商品開発での助言、広告やカタログなどに登場して宣伝や販促活動などに協力する。さらに両者で協力して、国内外で野球の普及活動などにも取り組む予定だ。

 アシックスは今回の契約について、同社製品が「稲葉氏から高い評価と信頼を得ていることから実現した」(発表資料)としている。一方、稲葉氏はアシックスを通じて「侍ジャパンが『世界最強』になるために、アシックスベースボールとともに、これまで以上に尽力してまいります」とのコメントを発表した。

 稲葉氏は野球日本代表のほか、プロ野球の北海道日本ハムファイターズでスポーツ・コミュニティー・オフィサー(SCO)も務める。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報