「世界一のツリー」そら植物園がオフィシャルクラブ 有料会員も募集

 ファンクラブの運営や関連グッズ販売などを手掛けるSKIYAKIは、神戸市中央区のメリケンパークに生木としては高さ世界一のクリスマスツリーを立てる「めざせ!世界一のクリスマスツリーPROJECT」を企画した、そら植物園(東京都渋谷区、西畠清順社長)のオフィシャルクラブ「そら広場」を1日付で発足させたと発表した。さまざまな特典がある有料会員の募集も始めた。

 発表資料によると西畠氏は年間250トンを超す植物の輸出入を手掛け、巨木の輸送を何度も成功させた「プラントハンター」。幕末より150年続く花と植木の卸問屋の五代目だった同氏は、2012年に「そら植物園」を立ち上げて業容を拡大。神戸市内ではメリケンパークにあるカフェレストラン「FISH IN THE FOREST~TOOTH TOOTH×そら植物園~」の植物による装飾などを手がけた。

 オフィシャルクラブ「そら広場」は、そら植物園や西畠氏の事業・活動に関心を持つ人や、植物に深く関わりたい人の「広場」にするという。無料で会員登録でき、イベント情報や西畠氏のメディア出演情報、ボランティア募集などの情報をメールマガジンで受け取れる。

 有料会員は年会費6000円、入会金3600円。年1回の植物プレゼントやクラブ限定イベント、東京・代々木にある、そら植物園「インフォーメーションセンター」での買い物が割引になるなどの特典がある。

 運営会社のSKIYAKIは10月26日、東証マザーズに新規上場した。東京都渋谷区に本社を置き、アイドルやアーティストなどのファンクラブサイトを運営する。社名の読み方は「スキヤキ」。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報