アシックス、立命館と包括連携交流協定 人材育成などで協力

20171128アシックスと立命館の連携協定

 アシックスの国内販社であるアシックスジャパンと、立命館大学などを運営する学校法人の立命館(京都市)は28日、スポーツを通じた人材育成などで互いに連携、協力する「包括連携交流協定」を同日調印した(写真=アシックスの発表資料より)と発表した。スポーツの大衆化や研究・開発、競技水準の向上などを通じて、スポーツ界全体の発展に寄与することをめざす。

 協定ではスポーツを通じた人材育成のほか、さまざまな研究開発、地域・社会との交流、文化発信の促進や競技水準の向上などでの協力を主な柱にした。具体的には、健康増進のためのスポーツ促進や、スポーツをテーマにしたシンポジウムの開催などに共同で取り組む。このほかアシックスジャパンは、学生・生徒参加型の商品開発、校章入りスポーツ用品の製造販売にも取り組む。

 立命館は2014年に「立命館スポーツ宣言」を定めた。人類共通の文化であるスポーツを享受することは、社会の平和と繁栄に不可欠であることなどをうたい、立命館の学校教育でもスポーツが重要な位置を占めることを示した。一方、アシックスもスポーツを通じて健康で持続的な社会づくりを経営理念に掲げる。両者の方向性が一致したことから、協定につながったという。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報