増田製粉所の4〜9期、純利益2.1倍に上方修正 原料関係費が後ずれ

 増田製粉所は4日、2016年4〜9月期の連結純利益が前年同期比2.1倍の1億6200万円になったようだと発表した。従来予想は1億2000万円だった。生産性向上やコスト削減を積極的に進めたほか、発生を見込んでいた原料関係費用が10月以降にずれ込んだことで、上期の利益が当初の想定を上回ったという。営業利益は68%増の2億7200万円になったもよう。従来は2億3000万円を見込んでいた。

 一方で、売上高は前年同期比6%減の46億円になったようだ。従来予想は微増の50億円だったが、一転の減収になった。小麦粉需要の低迷に加え、販売競争も激化し、厳しい環境だったという。17年3月期通期の連結業績予想は、現時点では据え置くとしている。「今後の経営環境が不透明」(発表資料)のためという。
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報