ネスレ日本、幼稚園・保育園に「パパママカフェ」全国展開 年内50カ所

20171116ネスレ日本パパママカフェ

 ネスレ日本は幼稚園や保育園の園内に同社のコーヒーマシンなどを設置する「ネスカフェ パパママカフェ」(写真=ネスレ日本の発表資料より)を全国展開すると発表した。年内に50カ所、2018年中に100カ所以上でサービスを開始する計画だ。先行して千葉県と神奈川県の4幼稚園に開設。保護者らの評判も上々で、コミュニケーションの活性化につながったと判断した。

 ネスレ日本が実施した聞き取り調査などから、親が幼稚園などに子供を送り届けた後、先生たちとのコミュニケーションのきっかけがつかめず、あいさつだけで終わってしまうケースが多いことが分かった。送迎の際にコーヒーなどの飲み物を囲んで一息つくことで、子育てに関する情報交換や悩み相談の場になると考えたという。運動会などのイベントや、近隣の住民などが利用する可能性も視野に入れた。

 丸みを帯びたカウンター風の台に、コーヒーマシン「ネスカフェ・ゴールドブレンド・バリスタ」を設置して「パパママカフェ」のコーナーを作る。簡単な操作でコーヒーを入れることができるほか、授乳期や妊娠中の女性向けにカフェインが入っていないコーヒーも用意する。台のデザインなどは「アンパンマン」の絵本を出版するフレーベル館(東京都文京区)が助言した。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報