兵庫県、「こども病院」跡地を値下げ 売却先再公募で17億4000万円に

 兵庫県は昨年5月に神戸医療産業都市(神戸市中央区・ポートアイランド)に移転した「県立こども病院」の跡地(神戸市須磨区)について売却先を再公募する。13日から募集要項の配布を始めると9日に発表した。最低売却価格には税抜きで17億4000万円とした。2015年4月に実施した最初の募集で提示した同22億8600万円から値下げした。売却するのは約3万1000平方メートルの土地と、本館と周産期医療センターのなどの建物だ。

 当初は2016年7月にも土地と建物を引き渡す計画としていたが、15年9月に「条件を満たす売却先がなかった」と発表していた。引き渡しから5年以内に医療機関として再開業することを求めるなど、価格以外の条件は前回の募集と同じになるもよう。

 今回は18年3月上旬には売却先を決定し、同年6月までには売買契約を結びたい考えだ。応募者は跡地の利用計画を県に提案し、学識経験者や地元団体の代表などで構成する「県立こども病院跡地処分検討委員会」が審査したうえで売却先を決める。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報