神明、ベトナムに現地法人 精米や商品販売などコンサル

 コメ卸国内最大手の神明は9日、ベトナム・ハノイに現地法人を設立したと発表した。現地の企業に対して精米の指導のほか、品質管理方法や商品販売などのコンサルティング(相談)事業を展開する。コメの生産量・消費量とも世界上位であるベトナムに現地法人を設立することで、今後の東南アジア市場でのさらなる事業展開を探るきっかけにもしたい考えとみられる。

 設立は10月16日付。新会社名は「シンメイ・アカフジ・ライス・ベトナム」とした。神明の海外事業ではこれまで、米国、中国、香港で現地子会社を通じ、製品の販売などを展開してきた。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報