三星ベの4〜9月期、純利益が24%増 海外ベルト事業が好調

20171108三星べ決算グラフ

 三ツ星ベルトが8日に発表した2017年4〜9月期の連結決算は、純利益が前年同期比24%増の36億円だった。国内外で自動車向けのベルトが順調に推移したほか、射出成型機やロボット向けの需要も高まった。欧州やアジアで農業機械用などの補修用需要も増加した。従来予想の27億円を上回った。

 売上高は7%増の355億円、営業利益は5%増の47億円だった。従来予想の335億円、38億円を上回った。コスト削減が進んで原価率が改善したうえ、外国為替相場が当初の見込みより円安に推移したことから収益が当初予想よりも上回った。

 18年3月期の連結業績予想は据え置いた。純利益は引き続き20%減の53億円を見込む。年間配当計画も前期据え置きの22円(うち中間11円)と従来予定を維持した。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報